総額10万円超が貰える▶入金不要ボーナス

スロット 換金 率 計算 グッドマン法とは?メリットやデメリット、リスクについて解説!

グッドマン法

オンラインカジノの戦略として知られるグッドマン法(または1235法)は、特に堅実にゲームを進めることができる方法です。この法則は、賭け金を1勝ごとに変動させる特性があり、1ドルからスタートし、「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と変動させます。グッドマン法の特徴は大きく3つあります。まず、少ない資金で使用できること。次に、3連勝以上で2連敗時も損失が出ないこと。そして、5連勝以上で利益は大きいことです。

しかし、この戦略にはデメリットも存在します。連勝が必要であること、大きな利益を得るには時間がかかること、負けが続くと大きな損失を被る可能性があること、そして運に依存する部分が大きいことなどが挙げられます。この記事では、これらのメリットとデメリットを詳しく解説し、グッドマン法を最大限に活用するためのコツを提供します。

オンラインカジノランキングについては下記を参考に!

オンラインカジノの入金不要ボーナスまとめ記事についてはこちら!

目次

パチンコ 年末 年始

グッドマン法(または1235法)は、オンラインカジノの必勝法の一つで、特に堅実にゲームを進めることができる方法です。この法則は、賭け金を1勝ごとに変動させる特性があり、1ドルからスタートし、「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と変動させます。 これが1235法と呼ばれる理由です。

グッドマン法の特徴は大きく3つあります。まず、少ない資金で使用できること。最小賭け金が1ドルから最大賭け金で5ドルとなっています。次に、3連勝以上で2連敗時も損失が出ないこと。そして、5連勝以上で利益は大きいことです。

▼他のオンラインカジノの必勝法・攻略法は、こちらの資料を参考にしてみてください。

パチンコ 7 の つく 日

賭け方

以下に、グッドマン法の賭け方を詳細に表形式で説明します!

ゲーム数 賭け金 勝敗結果 累計損益 備考
1 1ドル 勝ち +1ドル 初めてのゲームで勝利。次は2ドルを賭ける。
2 2ドル 勝ち +3ドル 2連勝。次は3ドルを賭ける。
3 3ドル 勝ち +6ドル 3連勝。次は5ドルを賭ける。
4 5ドル 勝ち +11ドル 4連勝。次も5ドルを賭ける。
5 5ドル 負け +6ドル 負けたので、次は1ドルを賭けて再スタート。
6 1ドル 勝ち +7ドル 勝ったので、次は2ドルを賭ける。
7 2ドル 勝ち +9ドル 2連勝。次は3ドルを賭ける。

この表は、ゲームを7回行った場合のグッドマン法の進行を示しています。最初に1ドルを賭け、その後勝つたびに「1→2→3→5」と賭け金を増やしていきます。賭け金が5ドルに達したら、その後も勝ち続ける限り5ドルを賭け続けます。

しかし、5回目のゲームで負けた場合は、再度1ドルからスタートします。そして、再び勝つたびに賭け金を増やしていきます。このように、グッドマン法は賭け金をコントロールしながらゲームを進める戦略です。

パチンコ バイト やめ とけ

グッドマン法をうまく使うためのコツは以下の通りです!

  • 勝負のパターンを理解する :最も効果的な勝負のパターンは、最初に連勝し、その後連敗するパターンです。例えば、5連勝した後に5連敗した場合でも、最終的には利益を出すことができます。また、最初に3連勝すれば、その後2連敗した場合でも累計損益は±0となります。
  • 応用賭け方を試す :「1,2,3,5」の賭け金を使用する基本的なグッドマン法だけでなく、2倍賭けの「2,4,6,10」や3倍賭けの「3,6,9,15」など、資金に余裕がある場合は応用賭け方を試すことも一つの方法です。ただし、賭け金を増やすことでリスクも増えるため、自分のリスク許容度を考慮することが重要です。
  • 適切なゲームを選ぶ :グッドマン法は勝率が50%のゲームで最も効果を発揮します。そのため、ルーレットの赤黒賭けやハイロー賭け、ブラックジャック、バカラなど、2倍配当の賭けが可能なゲームで使用することが推奨されます。
  • 勝ち負けが交互になる場合は使用を止める :勝ち負けが交互になると、損失額が少しずつ加算されていきます。そのような勝負の流れとなった場合は、早めにグッドマン法の使用を止め、他の戦略を使用することが推奨されます。

これらのコツを理解し、適切に利用することで、グッドマン法を最大限に活用することができます。ただし、ギャンブルは運も大きく影響するため、必ずしもこれらのコツが利益を保証するわけではないことを理解しておくことが重要です。

ば くさい パチンコ 長野

メリット

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノの必勝法の一つで、そのメリットはいくつかあります。

  • 少ない資金で始められる :グッドマン法は、最初の賭け金が1ドルから始まるため、大きな資金を必要とせずに始めることができます。これは、初めてオンラインカジノを試す人や、リスクを抑えたい人にとって大きなメリットとなります。
  • 損失を抑えることができる :この法則では、3連勝以上で2連敗時も損失が出ないという特性があります。つまり、一定の勝率を維持することができれば、損失を最小限に抑えることが可能です。
  • 勝利の度に賭け金が増える :グッドマン法では、勝つたびに賭け金が増えるため、連勝すると大きな利益を得ることができます。特に、5ドルを超えてからの勝利は、その都度5ドルの利益を得ることができます。
  • 戦略がシンプル :グッドマン法は、「1→2→3→5」というシンプルなルールに従うだけで、賭け金の管理が可能です。これにより、ゲームに集中することができ、複雑な計算や戦略を考える必要がありません。

スロット 換金 率 計算

デメリット

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノの必勝法の一つで、そのメリットは多いですが、一方でデメリットも存在します。

  • 連勝が必要 :グッドマン法は、賭け金を増やすためには連勝が必要です。つまり、勝ち負けが交互になると、賭け金が増えることなく、損失が増える可能性があります。また、連勝しなければ利益が少なくなります。
  • 大きな利益を得るには時間がかかる :この法則では、賭け金が1ドルから始まり、勝つたびに「1→2→3→5」と増えていきます。そのため、大きな利益を得るためには、連勝する必要があり、それには時間がかかります。
  • 負けが続くと大きな損失 :もし連敗が続くと、賭け金が1ドルに戻るため、それまでの損失を取り戻すのが難しくなります。特に、5ドルを賭けて負けた場合、その損失を取り戻すためには5連勝する必要があります。
  • 運に依存する部分が大きい :グッドマン法は、結局のところゲームの結果(つまり運)に大きく依存します。戦略的な要素はあるものの、結果が出るまでの過程は完全にランダムな要素に左右されます。

これらのデメリットを理解した上で、グッドマン法を使用することが重要です。また、ギャンブルは適度に楽しむことが大切であり、無理な賭けや自己管理が難しい状況では避けるべきです。

まとめ

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノの必勝法の一つで、その特徴は賭け金を1勝ごとに「1→2→3→5」と増やしていくことです。この方法は、少ない資金で始められ、3連勝以上で2連敗時も損失が出ないという特性があります。また、5連勝以上で利益は大きくなります。

しかし、この法則にはデメリットもあります。勝ち負けが交互になると損失が増え、連勝しなければ利益が少なく、大きな利益を得るためには時間がかかるという点が挙げられます。また、負けが続くと大きな損失を被る可能性もあります。

グッドマン法は、そのシンプルさと戦略性から多くのプレイヤーに利用されていますが、ギャンブルは適度に楽しむことが大切であり、無理な賭けや自己管理が難しい状況では避けるべきです。また、この法則を使用する際は、自分のリスク許容度やゲームの進行状況を考慮することが重要です。

最終的に、グッドマン法は一つの戦略であり、ゲームの結果は運に大きく依存します。そのため、この法則を使用する際は、それを理解した上で、楽しみながらゲームを進めることが重要です。

当サイトでは日本国内からオンラインカジノにアクセスし、お金を賭けた賭博行為は推奨しておりません。日本国外に在住の方向けの情報サイトであり、日本国内の方は無料版等を活用しお金を賭けない方法でお楽しみ下さい。

また、当サービスを利用するお客様には、当社の「プライバシーポリシー」および「免責事項」が適用されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次