総額10万円超が貰える▶ 入金不要ボーナス

出 金 早い カジノ

税金

ウクライナ政府は、国内の主要なオンラインカジノ運営企業が税金を不正に減少させる複雑な計画を実行した疑いで訴訟を起こしています。当局は、税務逃れの疑いが持たれるオンラインゲームプラットフォームから約1,900万ドルを没収しました。また、このiGaming企業が違法行為を隠蔽するためにミラーサイトを利用していたとも主張されています。

ウクライナ経済安全保障局によると、Cosmolotという名のオンラインプラットフォームは、スロットマシン、ライブディーラーゲーム、宝くじなどのカジノゲームを提供しながら、収益を隠し税金の支払いを回避していたとされます。同局の調査により、Cosmolotは公式のライセンスを持つプラットフォームと似たインターフェースを持つ30以上のミラーサイトを運用しており、これらのサイトからの収益が別の銀行口座へと移されていたことが明らかになりました。

さらに、政府はCosmolotが無許可のオンラインゲームサイトを運営するために従業員のチームを指名していたと発表しました。また、この企業がライセンスに記載された住所に実際は存在せず、犯罪調査を妨げるために意図的に重要な文書や情報を隠していたことも判明しました。

Cosmolotはウクライナに本拠を置き、アメリカとイギリスの投資家を持つことが同社のLinkedInプロファイルから確認できます。経済安全保障局は、政府の訴訟が進行中であるにも関わらず、Cosmolotの銀行口座から資金を押収したと述べています。報道によると、ウクライナはiGaming運営者から約7億UAH(約1,864万ドル)を没収しました。

この事件はウクライナの検察総長アンドリー・コスティンの事務所が主導しています。報告によると、Cosmolotのプラットフォームは現在も運営を続けています。

昨年、ウクライナはオンラインカジノ企業に課される税率を10%から18%に引き上げました。この税率の増加は、オンラインでの資金洗浄を防ぐための新しい法律とともに導入されました。ウクライナの国家ゲーム規制機関であるKRAILは、ライセンスを持つ運営者に対する予告なしの財務検査を行う権限も新たに付与されました。

2022年2月のロシアによる侵攻を受けて、ウクライナ政府はオンラインカジノ運営者に対し、戦争中はロシアまたはロシアが占領するウクライナ領域へのゲーム提供を停止するよう命じました。

また、KRAILはロシア関連の1xBetウェブサイトがウクライナでの活動を停止するよう命じました。これは、同社が子供のスポーツへの賭けを許可し、ポルノサイトを宣伝し、財務規制に違反したと判断された後のことです。

Cosmolotは、税逃れのためにミラーサイトを運営するという告発に対して、これらの主張は根拠がないと反論しています。同社は、公式ウェブサイトcosmolot.uaの運営にのみ従業員が関与しており、これは公式ライセンスに基づいていると述べています。

Cosmolotは、クローンサイトの背後には犯罪組織がおり、その収益を着服していると主張しています。もしCosmolotが有罪と判断されれば、同社のオンラインカジノライセンスが危険にさらされ、数百万ドルの罰金が課される可能性があります。

2020年までウクライナでは賭博が禁止されていましたが、その年にビクトル・ユシチェンコ大統領がカジノとオンラインゲームの合法化を認める法律に署名しました。

カジノは特定のゲームゾーン内でのみ許可され、4つ星または5つ星のホテルや「文化・娯楽複合施設」内に設置する必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次